​セラとぴあからの紹介文

カウンセラー自身も苦しんできた経験があるからこそ、その渦中の苦しさが分かります。彼女の口からでる一言ひと言は優しさと慈しみに溢れています。生きづらさや、仕事や人生への向き合き方に悩まれている方におすすめです。

​谷本 淳子 Tanimoto Atsuko

セラピスト・ibマッピングインストラクター

 得意分野 

対人関係 人間関係 不安を減らしたい 自己肯定感 ストレス 不安について 人生 
自己理解 生き辛さ 自分の考え方や行動 人生への向き合い方 不安不満の解消 
感情の整理コントロール 

メッセージ 

谷本淳子です。

私は、今から30年前、ちょうど30歳の時に、パニック障害になりました。
徐々に悪化して、乗り物に乗れなくなり、人にも会えず、長期引きこもりになりました。

10年後に、心療内科で薬とカウンセリングの治療を受けましたが、
10ヶ月程して、先生に言われた「思ったほど良くなっていない。」
そのたった一言で、再び長い引きこもり生活に戻ってしまいました。

でも、小さなきっかけで外に出られるようになり、徐々に行動範囲が広がりました。

 

羊毛フェルト、人生のしくみ、ibマッピングなどを学びました。

ホリスティックコミュニケーションとの出会いは2014年です。
学びながら、過去に心療内科で傷ついた私自身も癒されました。
自分が心療内科のカウンセリングで、なぜ先生の一言に傷ついたのか、
どうして欲しかったのかも理解できました。

2019年に脳梗塞で入院した時に、担当医師の言葉にあまり落ち込まずいられたのは、ホリスティックコミュニケーションの学びで私が変わったからだと思っています。

 

人生、色々なことがありますよね。
いいこともあれば、そうでないことも…。


人から、親切だねとか、優しいねって言われる人は、
つい我慢したり頑張りすぎてしまうことがあります。

相手のことを考えて、言いたいことを飲み込んじゃったり、
何かを頼まれると少し無理しても引き受けちゃったり…。

 

人のことばかり考えて、誰かのために頑張って、
自分の気持ちは後回し…。そんなことはありませんか?
心から笑えていますか?

 

もし、今あなたがつらいなら、一人で我慢しないでくださいね。

 

私は今までいっぱい助けてもらいました。
あなたの心からの笑顔のために、今度は私があなたの手助けをしたいです。

 

いくつになっても人は変われます。

 

セラとぴあとの出会いが、あなたが変わるきっかけになったら嬉しいです。