​セラとぴあからの紹介文

作業療法士として長年、医療現場で患者さんやその家族と向き合いながらも、管理職として職場の問題解決にも取り組んでいるカウンセラーです。理想と現実のギャップの中で彼自身がたどり着いたのが「セラピストが幸せであることの大切さ」。今まさに、頑張りすぎて燃え尽きてしまいそうな方におすすめです。

小亀 慎也 Kogame shinya

作業療法士

メッセージ 

 得意分野 

医療現場でのコミュニケーション 対人関係 恋愛関係 職場の悩み 共感力を高めたい
自己肯定感との向き合い方 不安障害・鬱への向き合い方 ストレス 不安について
自分の考えや行動 人生への向き合い方 職場の問題 仕事への向き合い方

京都市の回復期、急性期病院で作業療法士として勤務して17年目になります。

毎日10人前後の患者さんをみる中で、その家族、ナースや医者との関わりで誤解を招いたり、同僚との摩擦をよく起こしていました。そしてコミュニケーションの難しさ、大切さを痛感しました。

 

そんな中、現役の医師が行っているブリーフセラピーの考え方、ものの見方に触れホリスティックコミュニケーションを学ぶことを決意。

その学びをきっかけに様々な人と出会い、そして勉強を通して、コミュニケーションの重要性に気づき仕事の中でも使い続けて来ました。

 

その結果、患者さんのリハビリの取り組む時の表情が明るくなったり、周囲とのコミュニケーションがより楽しいものになり、人を見ることの大切さを感じました。    現在は作業療法士として仲間と力を合わせて働くかたわら、いかにコミュニケーションをリハビリの現場に活かすかを探求しています。

 

モットーは、幸せなセラピストの追求です。

 

お越しになるクライアントさんが、何を言うか、どのように言うかも大切にし、
誰にも必ずあるリソース(資源)に光を当てて、歩調を合わせながら共に歩んでゆく。そんなカウンセリングを大切にしています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

米国NLPマスタープ ラクティショナー)